武田邦彦の三段跳び

この記事は約9分で読めます。
武田邦彦の三段跳び

僕の若い時代というのは記憶力なんか良かったし、前向きではあったんですけど身体が弱かったものですから、それほど色んな難しい問題があって人柄的に良かったって事はありませんね(笑)

ちょっとみんなも「嫌だな」っていう子供だったと思います。

それで何とか身体と付き合いながらぼちぼち32まで生きまして、これは今までも私がお話してるのでお聞きなった方があると思いますが、今日は『武田邦彦の三段跳び』という事で、若い方でどなたか悩んでる方があったら少し役に立つかなと思って、日曜日にちょっと話をしようかなと思ったんですが。

32歳 自分のやりたいことをする

32歳の時にみんなと、2~3人の同僚と大阪に出張したんですね、夕方。

それでとある安ホテルに泊まって、それでみんなが酒飲みに行ってたんですよ。

僕はその頃はあまり酒が飲めなかった事もあるし、食事もしなきゃいけませんからね、そういう時の若い人というのは、この頃はばーっと出てって、そこら辺の安い食堂でメシを食ったらキャバレーって所に行ったんですね。

自分よりか年の、お母さんみたいな年の女性のいる所にまあ行くわけですよ。

必ずダンスなんかありましたね。

で、夜中に帰ってくるっていう、それが出張の楽しみの一つだというわけですね。

その時私ふっと、いつもはそうするんですが、ふと「今日はちょっと行きたくないな」と思って「僕ちょっと今日行かないから」と言って、他の2~3人の友達だけ行ったんですね「それじゃ」って言って。

僕はホテルの部屋で英語の論文を読んでたんですよ。

まあ英語読むのにそんなに辛くはないんですけども、だけどもやっぱり論文ですし英語ですし、それほどどこかでみんなでメシを食って、それでキャバレーに行くよりか普通は楽しくないですよ、つまらないですね。

そのまま私ずっと読んでて、それで12時頃仲間がドタバタと帰ってきましたよ。

その時に私ね、本当に悟ったんですね。

悟りというのはこういうものかと思うんですけど、ばっと気が付いたんです、一遍に。

徐々に気が付いたんじゃなくてですね。

で、それはどういう事だというと、今までの自分というのは“自分がやりたい事をしてたんじゃなくて、世間がこういうのが良いという事をやってた”って事に気が付いたわけですね。

例えばその場合ですと、出張で仲間と若い男がどっかの土地に行けば、そこで酒飲んで女性の所に行くのが楽しいともう決まりきってるわけですよ(笑)

だから、私そんなに酒も飲めなかったし、ちょっと身体の調子も悪いんで女性の所に行くのもそれほど好きじゃなかったんですよね。

だけども、それが好きだという事になってたんで行ったんですね。

ところが実はみんながどやどやっと12時頃帰ってきた時に私がばっと分かったのは「あれっ?僕はホテルで一人で論文読んでた方が楽しかったんだ。」って事に気が付いたんですよ、その時。

それからだーっと走馬燈のように自分の人生が浮かんできましたね。

例えば、まあ高校出て大学入って、一生懸命勉強して大学入って、その大学に入ったにも関わらず講義が休みになると喜んだりするんですよ、休講になってね。

会社の仕事も決して嫌じゃなかったんですが、会社が出張したりして4時頃でも帰れるようになると、何となく家の方に帰りたいってなったりするんですね。

会社に行くのと家に帰るのとどっちが楽しいかっていうと、僕その頃研究してましたからね、結構会社も楽しかったんですけど、もうね世間的に家に帰るなら帰った方が得だっていうか、そういう気持ちがあって、まあ何というか自分の人生というのが無かったんですね。

だから人が「良い」という人生をやってたんですよ。

例えば給料が多い方が良いとか、休みが多い方が良いとかですね。

何でもかんでも、もう世間が言ってるやつを良いと言ってると、そういうつまらない人生だったんですね。

で、その時にバンと気が付いて、これからは人に迷惑をかけるとかそういう事は別なんですが、自分のやりたい事をしたいと。

例えば、もう学校は卒業しましたけれども、学校で勉強したい事だってあるんだ、休みだから喜ぶっていうのはおかしい、会社にいるよりか家にいる方が楽しいっておかしいと。

自分にはやりたい事もあるんじゃないかと、こう思ってもうガラっと変えたんですよ。

まあ少し冗談めかして言う事が多いんですけど、例えば典型的にはこういう事なんですね。

例えば一杯飲み屋に行くと、サンマが320円でブリが600円と。

それまでの自分というのは、サンマが食べたいかブリが食べたいかを考えるんじゃなくて、「サンマの美味しさ」割る「サンマの値段」250円なら250円。

ブリの美味しさをブリの値段で割って、どっちが大きいとか小さいとかそういう事で決めてたんですよ。

つまり自分が何を食べたいかという事よりか、別に自分のポケットにお金があってもそうなんですよ。

これはいけないと。

それでまあ、どんな事も自分がやりたい事をやっぱりやっていこうという風に思ったんですね。

それで色々な練習もしました。

すると40ぐらいになって、大体自分がしたい事ができるようになりました。

例えば今だったらペットボトルのお茶を買うと。

高い安いじゃなくて、自分がこれが飲みたいってお茶を買うと、そういう事ですね。

そうするとお金が無くなっちゃうかと言うと、僕が男だったからか、変わり者だったからか分かりませんけども、お金はちょっと同じか安いぐらいでしたね。

例えば、今僕机でいつもずーっと調査したり、勉強したりするのが好きなんですけれども、僕の机は本当に小さな机なんですよ。

パソコンが1台半ぐらい乗るぐらい小さな机なんですね。

椅子も丸い小さな椅子なんですよ。

だけど、それが僕には一番良いんですね。

立派な書斎なんていうのは僕には合わないんですよ。

そういうのもしっくりいくようになった。

つまり、自分はお金があるのにこんなに惨めな小っちゃな机で勉強して良いんだろうかって、そういう事はもう一切頭に浮かばなくなりましたね。

42歳 他人のための方が楽しい

それから徐々にそうなって、40ぐらい超える頃にはストレスが随分無くなったんですよ。

自分のやりたい事してるわけですからストレス無くなっちゃうわけですね。

仕事もそうでした。

で、頭の髪の毛がもう30ぐらいで薄かったんですけど、その頃から段々生えてきましてね。

それで42歳で元気になったんですね。

これは身体が急激に良くなりました。

だから、ここに書いてある『他人のための方が楽しい』というのは、42歳かどうか僕ちょっと分からないんです。

40~42歳ぐらいで変わってきましたね、僕の性格が。

最初は自分のやりたい事をする、これでもう凄く良くなった。

サンマとブリを値段で割らないというかですね(笑)

その頃、40~42の頃、私気が付いた事は“他人のためにやる方が楽しい”っていう意外な事を気が付いたんですよ。

自分の為にやる事と他人の為にやる事を比べると、結構他人の為にやる事が楽しいんですよ。

というのは、周りの人に感謝される事もあるんですね。

例えば自分の仕事じゃない事を手伝う、すると相手は手伝ってくれた人は必ず感謝してくれますよ。

僕は結構何でも上手くやる方なんで、上手くやるわけですよ。

そうすると相手が喜ぶわけですね、そうこうしてるうちに“いざという時の武田”と言われるようになったんですよ。

誰も嫌がるけども武田に頼めばやると。

そういうのが随分ありましたね。

もう間に合わなくなってから僕に頼んでくると「あ、また来たか。」って感じだったんですね。

「これやって下さいよ。」「良いですよ良いですよ。」と言ってやると。

他人の為の方が実は楽しいんですよ。

これで後で僕が「やっぱり人間というのは個人じゃないな。」と。

個性を磨くとか個人を大切になんて全部ウソだなと。

やっぱり人間というのは群れであり仲間であり、他人であり家族なんだなという風に思うようになったんですね。

45歳 50歳以後にも人生があるんだ!

で、45歳で随筆を書いてて、随筆を書いているうちに思わず”50歳以後にも自分の人生がある”って事に気が付いたんですよ。

老婆の一時間という随筆を書いてたんですね。

僕は割合随筆を書くのが好きで、今この随筆が僕のこういうブログになっちゃってるんですけど、随筆書くのが好きで、その時、70歳になったお婆さんが、何故縁側に座っているんだろうか。

太陽が沈んでいく赤い夕日を浴びながら、老婆が縁側に座ってるんですよ。

その老婆は何故座っているんだろうかという随筆を書いた。

それで自分も同じように50歳以後には人生がないんだって事に気が付いたんですね。

まあ50歳までは夢があり、勉強もし、会社に入り一生懸命働き、結婚して子供も出来てって、家を建ててとか、いっぱい自分の人生というものがあったんですよ。

それから危ない事もありますよね。

病気になるんじゃないか、まあ結婚できるかとかね。

それから家を建てたらローンがどうかとか、いっぱい心配もありますが、だけど人生なんですよ。

ところが、自分の50歳以上の人生を考えると、定年が長けりゃ良い、年金があれば良い、元気だったら良いってこれ何だ?と。

これ生きてるってだけじゃないかと。

生きてるっていうだけなら50歳まで普通の人は生きますね、運の悪い人はもちろん亡くなる事もありますけどね。

じゃあ僕の50歳以上には人生があるのか、夢があったり何かあるのかといったら無いんですよ(笑)

定年が長い方が良い、年金が多い方が良い、健康な方が良いやってこれはただ人生を送るというだけだ。

人生を送るというか人生でも何でも無いですよ、生物として時間を過ごすという感じですね。

そこで私は45歳の時によく考えて、その頃千葉におりましたから、千葉からよく東京に来る時によく思います。

東京湾を見ながら、こう窓際で考えてましたね。

『僕の50歳以上というのはどうなんだろうな』と。

自分でもう計画しようと思ってですね。

とっても会社は僕に対して良くしてくれました。

色んな面で親切でした。

あらゆる面で私を待遇してくれました。

実力以上に待遇してくれたと思います。

ただ私は50ですぱっと辞めましてね、最初学校の先生になるつもりはなかったんですけど、偶然に学校の先生になって。

しかし、それからは私計画があったんですよ。

50まではこうする、60~90まではこうする、90~100まではこうするという、100で死ぬとこれで決めて、それは勝手に決められますからね。

途中で死ねば死んだでそれは仕方ないんで、それは神様の決める事ですからね。

自分が決められるわけじゃない。

それでやっぱり、これも私の三段跳びでしたね。

まさかそういう事を考えるとは夢にも考えてなかったですよ。

やっぱり、会社で一生懸命働いてゴマ擦ったりなんかしてですね。

会社は悪くないですよ?ゴマ擦るのも悪くないんですけど。

それで定年退職になって、それで過ごすんだろうなと思ってたんですけど、全然違う人生になりました。

私はこの三段跳びが僕の人生には本当に良かったと思いますね。

自分のやりたい事をするという事に気が付いた32歳。

あぁ、自分のためにやるよりか他人のためにやる方が楽しいんだって事に気が付いた40歳前後。

それから45で、僕にも50歳以後の人生があるんだといってそれを50歳から実施した事。

まあこれが本当に私の人生を明るくし、楽しくしました。

明るく楽しくというのが一番良いですからね。

まあ有意義なんていうのは大した事ないし、人より秀でるなんていうのは一番くだらない事で、人より秀でるって事はその秀でられた人が苦しむんですからね。

これはちょっと問題だと。

その点では私の三段跳びというのはちょっと昨日思い出しましてね、それでちょっとここに随筆みたいなものを書きました。

タイトルとURLをコピーしました