ヒバリ16:インフルエンザとコロナの違いはどこに?

この記事は約8分で読めます。
ヒバリ16:インフルエンザとコロナの違いはどこに?

テレビウイルス撲滅キャンペーン第2回

テレビウイルス感染者治療専門 武田邦彦

最近のこのヒバリは、テレビウイルス撲滅キャンペーンの第2回と書いてあるんですけど、テレビウイルス治療専門 武田邦彦

いや、むしろ今度の新型コロナは、PCR陽性者を感染者としますよね、本当は違うと思いますが、感染者としましょう、そうみんなが言ってるから。

その4割が無症状感染者。無症状感染者というのを病気に数えるというのは今度が初めてですので、ちょっとなかなか難しいんですけどね。

あとの6割は発症してるんですが、発症の内、一番ちょっと鼻が詰まるっていうやつが多くて、熱はね、非常に発熱は少ないそうですね。

ですから、しばらく経つと熱を測れってやつはなくなると思いますよ。

熱が出る人ってのは、1/3か1/4らしいんですよね。それも1日ぐらいで終わっちゃうっていうのが多いらしいんですよ。

その6割(症状がある)の内の一番多いのは、臭覚、鼻がきかなくなる・ききにくくなるというんで、これは1~2週間で治るらしいんですけど、それがあって。

それから、お年寄りが重症化するけども、これは自然死よりか高齢なんであんまり心配ないと。

ところで今日は、インフルエンザとコロナの比較をちょっとしてみたいと思うんですね。

実はコロナについて、お医者さんから色々聞きましたんでね、あまり具体的にな事はちょっと言えないんですが、お医者さんが言うには、新型コロナの特徴は熱があまり出ない事だ、と。

最初に思ってたように、熱が出るかと思ったらそれほど出ないと。だから判定が難しいんだと言っておられた事と、亡くなる方のほとんどはちょっと言いにくいんだけども、免疫を低下させる治療をしてる人だと。

何かあの芸能人で、みんなの注目を浴びた人もそういう事もあったらしいですね。

そういう事は個人になるし、何か言いにくいと。

大体個人が、例えば佐賀県のサッカーの監督が罹ったから、PCR陽性、症状なし、それで全国放送。

それから、何か力士もいましたね。引退するとか引退しないとか。一体何なんですかね、あれは。

それから、兵庫県知事は「食べ物屋でコロナ陽性になったら、食中毒と同じように営業を停止する措置がいる」って、兵庫県知事もテレビウイルス感染者ですから、何とかしなきゃいけないんですけど。

インフルエンザとコロナの特徴ですね。

もちろん大きな特徴は、インフルエンザは発症者が1000万人、1000万人ですよ。

それから新型コロナは今までですと、感染者(PCR陽性者)が5万人ですから。その内60%が発症、つまり病気ですからね。

インフルエンザと並べて比較すると、インフルエンザは1000万人、コロナは3万人です。1/300ですね。インフルエンザのまず患者数が1/300ですね。

それから、死亡者はなかなか難しいんですね。インフルエンザの方も難しいんですね。

インフルエンザで亡くなるっていう事はあんまりないんですよ。

風邪っていうのは万病の元なんですね。

ですから、風邪をひいた結果、元々腎臓の悪い人が腎臓が悪化したとか、それから風邪から肺炎になった、この場合でもインフルエンザのウイルスそのもので肺炎になるというよりか、インフルエンザウイルスで肺が弱って、そこに肺炎菌が細菌が付いてお亡くなりになるっていうようなケースが多いんですね。

ですから、インフルエンザの死亡者っていうのは非常に少なくて、それで超過死亡、つまり風邪が元になって亡くなったと医者が判断する場合、死亡を数えるんですね。

それで大体12,000人といわれているわけですね。

コロナは今まで1000人です。

しかし、コロナの死亡した人の履歴を僕が調べますと、この時代ですからね、やっぱりコロナ自身で死ぬ人ってそれほど多くないんですよ。

だから言ってますように、例えば免疫治療をしてて、免疫がないのでコロナがきっかけになって免疫がない為に死ぬ、こういうやつですね。

これはコロナなのか、免疫治療が死亡原因なのかったら、もちろん普通に考えれば免疫治療が死亡原因なんですけど、そうはしないので全部コロナにしとくと補助金も出るしね、色々装置も買ってくれるっていうんで、先生方もコロナの死亡にしちゃうんだけど、それでも1/12。

ですから、小さな病気なんですね。

もう一つはやっぱり年齢の問題ですね。

ここに書いてありますが、インフルエンザの年齢層別な罹患率(これは症状が出た人しかやりません)、それもほとんどこれを見ても分かるように10代ですよ。

だからインフルエンザというのは本当に可哀想で、若者が若い人がみんな罹っちゃうんですね。

それでもう小学生・中学生がうんうん言っちゃうんですよ。

それでまあ、成人になるとあまり罹らない。

しかし、死亡ってなると今度は60歳代ぐらいからぐーっと上がってくるわけですね。

ところが、新型コロナウイルスの感染者数(今度はPCRの感染者数ですから、本当はこれを6掛けしないと症状のある人っていう事ができなんですけど)、まあカーブだけは分かりますが、一応20代が一番多くて少しずつ数が減ってくるという風な感じで。

致死率はやっぱり65歳以上ぐらいから上がってくると。

この2つを比較しますと、数はインフルエンザの方が圧倒的に多い。病気になるのはインフルエンザの方が300倍多い。

で、やっぱり僕は、子供が罹る方が可哀想だと僕は思います。

人によって考え方は違うでしょうね。子供が罹ろうが大人が罹ろうが同じじゃないかと言えない事もないですけど、非常に典型的ですよね、この2つを見ますと。

インフルエンザの患者さんはほとんど10代まで。0歳から10歳まで。

ところが、新型コロナウイルスの感染者は20歳から始まると。成人から始まるとこういうわけですね。

人数の比率は先程から言ってますように、インフルエンザが1000万人、新型ウイルスが6掛けして3万人ですからね。

まあ、あんまり真剣に比較するのも何かなと思いますね。

例えば、このインフルエンザの方の罹患率が黄色い棒グラフになっておりますが、これを300倍しますとね、それはまた様子が変わってくるんですよ。

今地を這っているようなところが、ずっと黄色い棒グラフの地を這っているような、20歳代ぐらいから80歳代ぐらいまで地を這っているように見えます。

これ300倍しますと、ぐーっと高くなりますんで。そうすると10代の人は数えられないぐらい、富士山みたいになっちゃうんで、高くなっちゃうんで、何ともグラフが書けないんですけど。

まあ、この2つのグラフの比較で難しいのは、数が全然違うんですよね。

インフルエンザはまあ1000万人、新型コロナウイルスは3万人ですからね。

これが同じように見えるというのが恐ろしいですね。

そこにテレビウイルスの感染者の治療専門の私が、それを言わなきゃならないんです。

1/300にするグラフっていうのを、ちょっと今付け加えたくなったから、図の上部に付け加えます。

今これ付け加える操作をしてるんですけどね、そうするとどういう事になるかというと…全然見えないんですけど(笑)

何か、新型コロナウイルスの上に、1/300にはしてませんが、1/30ぐらいにしたグラフを示しておりますが、新型コロナウイルスってこんなグラフになっちゃう。

こんなグラフって見えないグラフですけど。

年代別の感染者数と致死率という右側のグラフ、これが新型コロナウイルスのグラフなんですけども、それを縦軸を1/30ぐらいにすると、こんなグラフで全然何も見えませんけどね。

私達はこういうのを相手にしてるんですよ、今。

信じられませんよ。

これにビクビクしてるんですよ。このスジみたいな(笑)

インフルエンザに比べればスジみたいなやつですね。これでビクビクしてるんですね。

だから、まあそれはインフルエンザに罹った患者さんが高熱でうんうん言ったり、新型コロナウイルスに罹った患者さんで症状のある人が、「どうも最近ちょっとメシを食っても味がよくしないからつまんないな」っていうような事なんですが、その比率が全然違うんですよ。

それにも関わらず、鳥栖の監督がPCR陽性になったからといって、全国放送に、全国報道になると。

だから、まさにその、本当にみなさんがテレビウイルスに罹って可哀想だなという感じですよ。

それからもちろん自粛警察の人もですね、それは病気なんですね多分。

まともな感覚じゃないと思いますよ。

ですから、もうテレビウイルスに罹っちゃって、本当に心配してるんでしょうね。

こういうグラフ見ないから、こういうグラフはテレビは出しませんからね。

テレビはとにかくみんなにテレビウイルスに罹ってほしいと思って、わざとやってるわけですから。

わざとっていうか、自分達の収入を気にしてるんでしょうけどね、まあそういう事なんです。

これでもう1回、私繰り返しますと、やはりインフルエンザの方を退治するべきでしょうね。

今ワクチンとか言ってまして、厚生労働大臣が1億2千万本のワクチンをイギリスから購入するって言うけど、じゃあ何でインフルエンザは放っておいたんですかね(笑)

1万2千人も死ぬのに。もういいやって事だったんですかね?インフルエンザは。

それとも、そんな事はないと思いますが、病院が繁盛するからインフルエンザは1000万人の患者が必要だと思ってたのか、厚生労働行政上。ちょっとよく分かりませんけどね。

厚生労働大臣に、何でインフルエンザは1000万人も罹ってみんなが苦しんでるのに放っておいて(しかも子供が)、新型ウイルスだけそんなに力入れてるんですか?とこう、聞きたくなりますよね。

まあいずれにしても今日は、テレビウイルス撲滅キャンペーンで、まあヒバリクラブの人は安心してもらって、「まあこんなもんか」と。

しかも、僕なんかいい歳して、20歳以下の人はほとんど罹らないから良いじゃないかと。

むしろインフルエンザが流行るよりか、コロナが流行った方が良いねというぐらいの気持ちに、大人はなった方が良いでしょうね。

まあそういう風に思います。

タイトルとURLをコピーしました