ヒバリ14:コロナ:錯覚を呼ぶ問い

この記事は約8分で読めます。
ヒバリ14:コロナ:錯覚を呼ぶ問い

「健康か経済か?」84%

大衆の時代と言っても良いんですが、それに輪をかけてテレビなどが、いわゆるテレビウイルスというか、繰り返し繰り返し同じような事を報道する事によって、人の判断力を失わせてしまう、これはもう非常に危険なんですね。

戦前に朝日新聞が繰り返し繰り返し「戦争しなきゃいけない戦争しなきゃいけない」と報道して、それが一つの大きな理由となって日本が戦争に突入してしまったというような事を考えてもですね。

この民主主義の社会で、社会を煽るという事がいかに怖い事かっていうのは、いつも言えるわけですね。

最近、非常にその危険なものが一つ現れましたので、ちょっとこのお盆の時期に重たい話題が続いたものですから、軽いわけじゃありませんが、一つお話をしたいと思います。

「健康か経済か?」というアンケートがあったらしいんですね。

この「健康か経済か?」というのは”新型コロナウイルスを防ぐ為に、自粛も仕方が無い”というのが「健康か」の方なんですね。

で「経済か」の方は、”そんな事言ったって生活が成り立たなきゃダメなんだから、自粛なんかあんま良くない”というのが「経済か」なんですね。

こういう問いは”悪魔の問い”なんですね。

それはもちろん健康が大事に決まってる、人間なんだから。

だから、健康か経済かと聞かれれば健康が大切だと答えた人が84%、これは当たり前なんですが、それを政治的に使って自粛したら良いって事になる、というそういうトリックが含まれてるんですね。

「コンクリート」か「人」か?

こういう類のトリックで、今まで一番日本にとって悪い事したのが、民主党政権の最初に言われた「コンクリートか人か?」「コンクリートから人へ」っていうのはそういった問いなんですね。

これも同じなんです。

その頃、少し社会が荒れてるんじゃないか、私達は人を大切にするんではなくてコンクリートを大切にしてきたんじゃないか、つまり道路工事とかそういうのを大切にしてきたんじゃないかって、微かにみんなが思ってる時に、それを弱点をついて「コンクリートか人か?」という問いを発する、そうするとそれは「人」なんですよね。

この問いのおかしいのは、コンクリートは人の為になるんであって、コンクリートと人を並列に並べてるところが変なんですね。

それは、そういう錯覚に陥るという事を十分に知ってて、こういう問いかけをするんですね。

人の為にコンクリートがあるわけですから、人の為のコンクリートを使いすぎているか、それとも適切か、とか不足してるかという問いであって、コンクリートと人を並べて比較するというのは、民主党がいかに人を軽んじていたか。

コンクリートと人とを比べてるんですからね、とにかく。

そんな政治がダメなのは決まってて、民主党政治というのはダメだったわけですね。

横にグラフをちょっと張りましたが、各国の1人当たりのGDP、つまり経済と平均寿命。

これが非常に強く関係しているというのは良く知られてる事で、横軸にGDP、だからほとんど給料の多さですね、と、縦軸に平均寿命を取りますと、まあ所得の少ない国は平均寿命が40歳~60歳と、そんなところにあるわけですよね。

早く死んでしまうわけです。もちろん栄養も悪い衛生状態も悪い全てが悪いわけですから、それは健康を保つ事が実際上できないわけですね。

それがまあ大体1万ドル近くなってくると、何とかやっていけるようになる。

4万ドル以上になると、まあまあそこそこな平均寿命をみんなが保つ事ができる、という事を示しているわけですね。

黒い点が1987年で、オレンジ色の四角いのが2017年という風に20年間(30年間かな?)、2例が書いてありますが、ずれも同じ傾向なわけですね。

ですから、経済と健康というのは関係してるわけですよ。もちろんそうですね。

例えば、今は夏の盛りで暑くてしょうがないんですが、やはりクーラーがあるから今はお年寄りでもちょっと身体の弱い人でも夏を容易に乗り切る事ができます。

冬もやはり、暖房が暖まってますから、昔はお年寄りの多くは冬にお亡くなりになったんですが、そういう事もなく過ごす事ができるわけですね。

まあ昔はお風呂も家にはありませんでした。この収入で言えばですね、1万ドル以下といったらお風呂がやっぱり自分の家に作るというのは無理なんで、どうしても銭湯に行く。

そうするとどんなに風邪引いてても、冬の寒い時に銭湯に行って、石鹸がカタカタ震えて鳴るっていう歌もありますが、そういうような生活をせざるを得ない。

栄養も不十分であるし、お医者さんに行くお金もそれほど十分じゃない。

医療側の診療施設もそれほど充実していない。

当然、寿命が短くなるわけですね。

ですから、健康と経済というのは一体なんですよね。

健康が大切だから貧乏になったら健康を損ねるわけですから、健康か経済かという選択自身をさせるのがこれは”悪魔の問いかけ”なんです。

この“悪魔の問いかけ”はもちろん今の自粛が的外れてるからなんですね。

それを隠すために、常にそうですね、民主党がコンクリートから人へって言ったのも、やっぱり政策が的が外れてるので、こういう悪魔のアンケートをせざるを得ないわけですね。

程度問題がわからなければ政治家とは言えない。

政治なんていうのは特に程度問題ですから、程度問題が分からなければ政治家とは言えないわけで、問題は現在の新型コロナが(現在ですよ?もちろん3月4月の問題を今やっても良いんですが)、7月8月の新型コロナの状態を見れば、明らかに経済を犠牲にする程危険ではないんですね。

これは我々がはっきりテレビウイルスに対抗する為に、心の中にはっきりそう思わなきゃいけないし、思った方が病気になりません。もちろん。

心配してたら病気になります。

その意味では、コロナウイルスに罹ったりそれが重症化しないようにする為にも、嘘をやったって人間はダメなんですが、事実を認める事なんですね。

事実を認めるというのはどういう事かと言うと、今全国で大体コロナウイルスでお亡くなりになったという人が、5人ぐらいなんですよ。5人。

5人ですから大体1年間で1700人ペースなんですね。

1年間で1700人ぐらいのペースで人が亡くなる病気といったら、ほとんどがそうです。

例えば肺炎は10万人ですから。10万人と1700人の差ですからね。

だから、ビクビクする必要は全くないんですね。

もちろん癌といったらもっと多いですし、交通事故でも最近凄く減りましたけど、それでも4000人いますので。

まあ1700人規模って言いますと、どんな感じかっていうと、交通事故が怖いから外に出ないというそんな感じなんですね。

だから、健康か経済か?いやいや交通事故で4000人も亡くなるし、80万人ぐらい負傷しますから、もうみなさん車に乗っちゃいけません。車は販売禁止です、とか、外に出ちゃいけませんというような、そういう馬鹿げた状態が今続いてるって事なんですよ。

これは、NHKが「新型コロナの感染が拡大」と言ったら拡大なんかしていませんよ。

全然拡大していません。だけど、昨日も言っていました。

「新型コロナの感染が拡大している中」ずーっと拡大してる拡大してるって今年の2月から言い続けてるんですよ。

拡大してないんですよね。

別にもう大した病気じゃないっていう事が分かっているってだけなんですよ。

例えば「新型コロナの蔓延は終息に向かっておりますが」というのと、とにかく枕詞に日本語で「新型コロナウイルスの感染が拡大している」という言葉しか使わないんです。

それは、我々は今はヒバリですからねこれ。もう絶対にそんなのはまず聞かない事が一番良いし、聞いても嘘だと思って聞いたらいいわけですね。

だって、風呂に入って死ぬ方は現在のコロナウイルスの約10倍です。17000人だったと思いましたね。

それから、階段とか屋根なんかから落ちて亡くなる方が34000人ですから、年間。それが20倍ですよ。

大体ね、1700人とかそのぐらいの死亡の原因と言いますと、お餅が喉に詰まってお亡くなりになる老人ぐらいの差なんですね。

それから、昨日私ちょっとデータを整理してみたんですよ。

お年寄りが亡くなると言うけれども、自然に亡くなるお年寄りと、新型コロナで亡くなるお年寄りとどっちが年齢がいってるかなと思ったわけですね。

例えば、私達は70になったり80になったり90になったりすると、そろそろ歳だからな自分も危ないかなと思うんですよ。

その危なさが、普通だったら80歳でお亡くなりになる人が70歳でお亡くなりになるっていうんなら、これは心配ですよね。

ところがね、昨日私計算してみたんですよ、データから。

そしたら実に、今度のコロナの方が、本当にびっくりしちゃったんですけど、今度のコロナの方が、お年寄りにならないと亡くならないんですよ。

つまり、60歳ぐらいでコロナでお亡くなりになる人に比べて、90歳ぐらいでコロナでお亡くなりになる人の比率が、新型コロナの方が高いんですよ。

という事は、人間は必ず死にますね、人間というのは死ぬか生きるかを選ぶ事はできないんですね。

いつ死ぬかというのを選ぶ事はできるんです。じゃあいつ死ぬかを選ぼうと思ったら、コロナを選んだ方が長生きになるっていうデータなんですよ(笑)

つまり、他の病気とか他の事故でお亡くなりになるより、コロナで死んだ方が遅く死ねる、つまり寿命が長くなるって事なんですよ。

いや、これもね、私も昨日初めて時間の余裕ができて人口動態統計とか色々調べて、そして計算してみたら“あれっ!?”と思いましたね。

というのは私の頭もテレビウイルスに少し罹ってるんでしょうね。それで、錯覚をしたわけです。

やはり私達は健康な生活をしなきゃいけません。

その為にはまず、地上派のテレビを観ない事、これが極めて大切ですね。

それで自分が地上派のテレビを観て、頭が汚染されてしまったら、できるだけちゃんとした事実、嘘じゃなくて事実をよーく頭の中に叩き込む。

その叩き込む為には、テレビで感染が拡大してるという決まりきった言い方が100回聞いたとしたら、100回「コロナに罹った方が長生きだ、コロナに罹った方が長生きだ」っていう風に100回繰り返さなきゃならないんで、それ大変なんですけど(笑)

まあ、そういう気持ちを持つという事が非常に重要だと思います。

タイトルとURLをコピーしました