ヒバリ5:コロナの避け方

この記事は約9分で読めます。
ヒバリ5:コロナの避け方

コロナを始めてから5日目になるわけですが、徐々に少しずつペースが出てきました。

今、準備してるのはコロナではなくて、例えば男女の関係とか哲学的なものを少しヒバリ的視点で考えてるんですけど、とりあえず、コロナに罹らない方法を少し現時点でまとめておいて、それから哲学的な方に進もうかと思っております。

名古屋も東京も梅雨が明けて、今年は随分楽な年でした。やはり、30℃を超す日にちが短いほど生活には楽ですね。

ちょっとした感想を述べますと、一つは梅雨が早く明けて7月の10日ぐらいから暑い時には、温暖化温暖化って騒ぐ人達が(僕、個人的によく知ってるんですけど、そういう人が誰かっていうのを。)今年は何も言いませんでしたね。

まあしかし、これはヒバリになってから、そんな事は全然気にしなくなりました。

それからやっぱり、多くの方がちょっと注目しなきゃなんないのは、沖縄の気候ですね。

沖縄の温度っていうのは比較的海の温度を示しますんで、割合とちゃんとした都市の影響とかそういうのがないようなものが出ますから、良いんですね。

大体、沖縄の夏の気温が32~3℃で、東京とか名古屋が37℃なんていう時も、緯度がずっと低い南の沖縄が32~3℃っていう時は、大体安心してて良いんですね。

それをついでにお話します。

今日はコロナの避け方なんですが、実は普段はヒバリじゃない時は政府に文句言ったりしてるんですけど、そうじゃくて割り出した人の避け方ですね。

ここに張ったのが、平方キロメートルあたりの人口密度なんですが、だけど可住面積当たりなんですよ。

日本は非常に山林が多くて、可住面積って大体30%ぐらいしかないんですね。

それに対して、フランスとかイギリスに行かれた人はいると思うんですが、割合平地が多くて山林が少ないもんですから、だから可住面積当たりの人口密度っていうと日本がダントツに多いんですよ。

つまり、密度が高いんですよ、人口密度が。実質的にですね、山の中誰も住んでいませんから。

それで、ここに数値を出してますけど、まあ日本は1,200人。大体、フランス、イギリス、ドイツっていうヨーロッパは、大体おおよそ300人ぐらいちょっと下回りますね、200人ぐらいですかね。平均すると200人ぐらいなんで、日本がヨーロッパの5、6倍なんですよ。

アメリカはですね、ちょっとここのじゃ見にくいんですけど、僕が一回計算したら48倍とかなんか、きちっと計算した事あるんですよね。あそこには住めないここには住めるとか言って計算した事があるんですが、いずれにしても、アメリカの場合はここでも100いってないですからね、だから、何十倍なんですよ。

ですから、これは自粛との関係で考えて欲しいわけですね。

例えば、何だかいい加減な政府の人がいた時「80万人重症になる」とか変な事を言ってたりしてた人が、「何にも対策を取らなければ40万人死ぬ」とか何か言っておられたけども、何にも対策って何ですか?ったら「自粛しろ」って言うんですよね。

今でもそんな事やって、飲み屋さんとか食事の所なんて凄く苦労してるんですけども、自粛して人が居なくなると感染しないかっていうと、逆なんですよ。今度のものはですね。

この中で日本が一番感染が少ない、死者も少ない。

アメリカが一番感染も多くて、人口当たりですとイギリスがここでは一番多いですね。イギリス、フランス、アメリカっていう所ですが、もの凄く多い。

自粛っていうのは人と人との接触を減らすって事なんですよ。

人と人との接触を減らすって事は、最初から人口密度が低ければ会わないわけです。

例えば、80%自粛って言ってましたよね、80%自粛っていうか計算間違いが入ってるんですが、まあ80%とすると、1,200の80%つまり20%が活動してるっていう状態ですから、元々アメリカとかヨーロッパは、80%以上の自粛をしてる所なんですよ、実は(笑)

だから、元々3密じゃないんですよ。

3密じゃない方が3密の所よりか感染が多いんですね。

ですから、これもヒバリの4でちょっとお話しましたけれども、対策を取れば取るほど感染が多い、患者さんが多い、あの時は死亡者でしたけどね。

それから、人口がいない方が感染が多いっていう事なんですね。

これに、スウェーデンなんか入れると、スウェーデンっていうのは日本と規制が同じぐらいで、人口密度1/19。つまり、日本で言えば94%ぐらいの人が自粛してる状態なんですね。

ですからこれね…だから、国を非難する時は「何やってんだ感染学者は」って言うんですけど「知事は何やってんだ」って言うんですけど、今は今度は私達の身を守れば良いから。

という事はこれは何を言ってるかというと、密の所に人がうんといる所に行っても全然関係ありませんよ、っていう事を言ってるんです。

それを、まずは頭に入れなきゃいけないんですね。私達はテレビウイルスに感染してるんで、地方の方が良いだろうとか思うんですけど、違うんですよ。

感染の形が多分違うんですよ。というのは、私が言ってるのは事実のデータを整理してるんであって、何か3密とか何とか言ってる人達は事実と逆の事を言ってるんですからね。一番最初にそう思っちゃった。

しかし、それも変なんですね。

私がいつも言っているように、インフルエンザは人の息で感染する、コロナウイルスは接触で感染するのが主ですから。

例えば屋形船で感染したと。密だ!っていうけど屋形船に3人乗ってても、ガラガラで人と人との間隔が3メートルぐらい空いてても感染したと思うんですね。

というのは、トイレが一個しかないからです。

それから、夜の街も多分普通はトイレが一個しかないんですよ。それで酔っ払ってますからね。まあ、ホステスさんはそういうお客さんの病気が移らないように、ちゃんと消毒用のティッシュみたいなのをくれますけど、本人達は感染しちゃうんですよね。

トイレ入る時のノブとか、それからトイレの中の洗浄する時の飛沫なんかで感染しますから。

だから、僕がもしテレビの解説をしてたら、アナウンサーが「屋形船は密ですからね」って言ったら僕が「いや、そんな事とは関係ないかもしれませんよ。トイレは普通一つですからね。それから、乗るとこの手すりも一つですから。」ってこう言いますよ。

つまり、テレビとか私達意見を言う人達は、データを示す人達は絶対に自分の方針があっちゃいけないんですよ。

科学ですからね。そのままじっくり観るっていう事ですね。

そうするとね、今コロナほとんどもう感染も少ないし、死亡者もとにかく1ヶ月で30人ですからね。7月あんなに騒いだけど。

知事は何で騒ぎたいかっていうのは、後でちょっとやりますが、知事はとにかく景気悪くしたいんですよ。罰したいんですね。

東京都知事の小池さんが一番良い例ですけど、人を罰するのが好きな人が結構知事に多いんですよ。つまり、自分が殿様みたいな気分になっちゃんですね。悪い殿様。

だから、自分が人に命令して、誰かが苦しむのを見るのが大好き(笑)

だから、たばこは吸うなとか、飲み屋に行くなとか、まして女性が遊ぶような男のいるクラブなんかだともう、世の中はどうせ反発するだろうからこの際やっつけようなんて、そういう風に思ってるわけですよ。そんな事で頭がいっぱいですからね。

で、コロナの避け方はこういうデータから見ると、従来のウイルス学の知見通りですよ?コロナの場合は、できるだけ外に出たら物に触らないっていう事ですよ。簡単に言えば。

僕そうしてるんですね。新幹線なんか乗ったって全然平気で、というのは新幹線なんかほとんど(今もう乗客増えてきましたけど)、昔、乗客いませんでしたからね。

乗客いないのに感染するはずないんですから(笑)

ですから、そういう事で、相変わらずコロナを避ける方法は、

  • 外に出たらできるだけ触らない。
  • 家に帰ってきたらアルコールか次亜塩素酸の消毒で手をちょっと消毒して、
  • まあうがいもした方が良いんですね。

うがい意味ないっていう人もいるんですけど、やっぱり喉に付いてる場合がありますからね。水際作戦で落としとくっていう事はあるんですね。

それから、感染したかしてないかっていうのは、1 か 0 じゃないんですよ。

例えば、ウイルスでもまだ発表されていませんけど、コロナウイルスでウイルスが100匹で感染するのか、1,000匹で感染するのか、10,000匹いるのかっていうのが重要なんですね。

ですから、うがいとか手洗いっていうのは不完全でもした方が良いんですよ。数が減りますからね。

あと、自分の免疫が高ければ、結構な数のウイルスが入ってきても撃退しますから。

その意味では今度も、僕は楽しくやってるんですが、楽しくやってる理由は、僕凄く注意してるんですよ。マスクなんかしても意味がないからしてないんで、人の体裁が悪いからただしてるだけなんですけどね。

体裁が悪いっていうか、神経質な人がいるから悪いからですね。「あの人マスクしてない!」とか言って気にすると悪いので、ただその人の為にマスクしてるんで、自分の為のマスクじゃないんですけどね。

あとはもうほとんど触らないようにしてます。

昔、4月頃もの凄く流行った時は、私タクシーに乗って運転手さんからペンを借りた時ですら、ペンに触ったら帰ってすぐ消毒してましたね。

だから、私は今までの状態を見てとにかく物に触らない。家の中はだから絶対大丈夫なんですよ。家の中も時々はトイレ掃除する殺菌のようなもので床でも拭いとけばですね。

それから、靴は結構付いてるかなという気もしてたんで、靴はちょっと注意してましたね。

まあ、データはないんだけど、放射性物質はですねちょっと似てるんですよ、コロナと(笑)

靴に随分付いてきてましたからね。

コロナはちょっと検査する事できないんですけど、放射性物質はガイガーカウンターみたなもので測定できましたからね。

外に出たら自分の身体のどういう所に付いてるかっていうのが大体分かるわけですね。

そういう事で、まず今日はこれ頭に入れなきゃいけなんですよ。

人口密度が低くて、最初から80%以上の自粛をしてるに相当してる国が、凄く感染が多いと。

間違った事実の元では感染を阻止する事はできない。

当たり前ですよね。

それから、最近割合と私のブログもあるし、色々影響があって、食料品店とかスーパーとかコンビニなんかは大分気を付けてますね、見てると。

だから、コンビニなんかも従業員が手袋はめて消毒しながら商品を置いてるような所は安全だっていう事ですね。スーパーもそうですね。

ですから、何か1.5メートル空けろなんていう所はダメなんですけど、接触で商品を介して感染するのを防ごうという態度の所は、なかなか良いと思います。

ただ、どうしても外出すると接しちゃうので、やっぱり家に帰ってきたら、家の中はコロナウイルスがいないという状態にまずするっていうのが大切だと思います。

それから、空気中には長い事生きていませんからね、だから空気は入れ換えしても良いけど、大した効果はない。しばらく置いときゃ大体治まるというような感じだと思います。

コロナもうちょっと2つぐらい、僕ら個人個人が感染を防止するヒントになるものがありますので、それはヒバリの最初の所で続けたいかなと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました