ヒバリ3:7月のコロナ

この記事は約8分で読めます。
ヒバリ3:7月のコロナ

肺炎 1ヶ月 1万人死亡。7月は1万人が10,031人に。

このヒバリブログも時流に乗って、ちょっとコロナも取り上げてみようかなと思いまして、ちょっと整理をしてみました。

元々コロナっていうのはもの凄く普通の風邪なんですが、さらに弱くなりましたね。

これは、感染の専門家は口を揃えて「徐々に弱くなってそのうち消滅しますよ。」と言ってます。これはウイルスの専門家が言ってるんで、私の考えじゃないんですけどね。

今年の4月と7月とがだいたい感染者数が10,000人を超えた月なんですね。

で、整理してみますと、4月が12,000人の感染者数。

この感染者数ってもちろん嘘というか、怪しげな感染者数なんですけど、一応感染者と言ってますからね。だから一応感染者と。これは感染者じゃない可能性もあると思って頭の中に入れておいて下さい。

7月が15,700人。ちょうど今日8月に入ったものですから、ちょうど1ヶ月間の統計が出てるんですね。ちょっと数字は下一桁二桁四捨五入してますけど。

で、死亡者数が4月が370名、7月が大体1/10の31名ですね。

仮にちょっとイタリアの4月、これなかなか統計がイタリアの場合、定義が違ったりしてるんですけど、大体、20,000人強ですね。

ですから、もう全然ヨーロッパがどうだとかコロナがどうだとか言う話と違うんですね。

参考までに、肺炎は1ヶ月に10,000人死亡しますから、7月は例年の10,000人が10,031人になったかもしれないんですが、2月3月とインフルエンザが少なくて、もの凄い肺炎も少ないものですから、年間を通じたら肺炎も少ないんですね。

感染者は増えているのに、死者は10分の1以下。

ここで、ヒバリブログ的に考えますと、とにかく、感染者は増加してるように見えるけども、(これ、増加してるとそのまま見てしまった方がヒバリ的なんですけど。)まあ、感染者は増えてるけど死者は1/10以下で。

31人って言いますとね、全国で31人の1ヶ月の死者って言いますと、それはもうほんとの誤差なんですよ(笑)

というのは人間大体、今100年生きませんでしょ?80年ぐらい生きますよね。80年~90年生きるんで、大雑把に言って毎年の死亡者っていうのは100万人なんですよ。普通に死ぬ人が100万人ですね。

普通に死ぬ人が100万人って事は、これを1ヶ月の12で割ると当たり前ですけど、1ヶ月に8万人ぐらいは亡くなってるんですね。

人間というのは、死ぬか生きるかって事を選べるわけじゃなくて、いつ死ぬかってだけなんですね。ですから、100歳ぐらいになると、まあそろそろ良いかと思ってまあ死ぬわけですね。

ですから、8万人毎月死ぬのに、コロナで30人死んだからっつって、何だか騒ぐ方がおかしいので。

PCRが間違っているのか、ウィルスが弱くなったのか?

それから、感染者数がちょっと多くなっているのは、これはPCRの検査が間違っているのか、それともウイルスが極端に弱くなって、それでもう15,700人感染しても31人しか死なないようなウイルスになったのかは、今のところデータからは分かりません。

昨日ちょっとある県の全体の感染者数と、発症者数をちょっと密かに教えてもらったんですが、半分以上は発症してないような感じなんで、分かりませんねこれもう。

だけど、こういうデータが分からない時は、あまり考えない方が良いんですね。外側に出てるだけ。

だけども万歳ですよ。当面全く心配しなくていい、今のところですよ?

あのね、将来もっと酷くなるかもしれないってしょっちゅう言う人がいるんですけど、大体ウイルスとかこういったもので、しかも日本全体を見るような時は、タイムラグって相当あるんですよ。

人間っていうのは、一人の人は風邪ひいたと思ったら、3日ぐらい後には熱が出てきたり、鼻水が出てきたりするんですね。

だけど、1億2千万人とか東京みたいに1千万人ぐらいいると、徐々にいきますからね。

だから、例えばこのコロナが酷くなったとしますね、酷くなる事も有り得るんですよ。それは、普通にはないってだけですね。普通はありません。

つまり、ウイルスっていうのは人間とできるだけ共存したい生物なんですよ。

ところが、大体今データを見ますと12日から13日に一回、突然変異してるみたいなんですね。

突然変異をした後、自分自身も無茶苦茶な方向に変異しますから、変異の中には強毒性のウイルスも出てくるんですよ。ただ、強毒性のウイルスはすぐ滅びるんです。何で滅びるかったら、せっかく人間に取り付いてもその人間が死んじゃうからですね。

だから、増えないんですよ。

進化っていうのは非常に面白いもので、結局良い方向に良い方向になっちゃうんですよ。

悪い方向に進化した場合は、その種類の数が減ってくるんですね、段々。

私が最近言ってるのは、古事記にも書いてありますが、夫婦のセックスで妻側が主導的にすると奇形児の発生率が高い。

その奇形児の発生率が高いのは本当にちょっとの差でもそれが積み重なっていきますんでね、だから現在ではもうメスとオスのカップルの、メスの方から先導するような種はもう存在しないんですね。

そういうこの、進化論にも色々批判がありまして、私も進化論を全面的に信頼してるわけじゃないんですけども。まあ進化論も役には立つんですよ。

そういう点からいえば、ウイルスの動きっていうのは、各世界の専門家が言うように“必ず弱毒の方へいく”と、何故かといったらさっき言いましたように、突然変異は方向性がないんですよ。だから、強毒の方にたまたま突然変異したウイルスは、そのウイルスが人間に取り付くと、その人間が死ぬ可能性が高いんで。

全員が死ぬんじゃないんですよ?例えば、100人取り付いて、そのウイルスが取り付いた人間が10人死んだと、もう一つは弱毒の方に変異したので、そのウイルスが取り付いても、この7月のウイルスみたいに15,700人も感染して、31人しか死なないっていうと、大体0.002%ですからね。

だから、10%死ぬウイルスと0.002%死ぬウイルスと、約2週間で1回ずつ変わりますから、そりゃあね、繁殖するのが弱毒ウイルスになるとはそれは当然なんですよね。

で、これはもう一つ特徴があって、人工的にDNAの中に、例えば中国の悪い研究者が極めて強いSARSとか、そういうウイルスの断片をわざと人工的に組み入れると、現在のコロナウイルスなんかもそうですが、自分が作った物じゃない所を切り離す傾向があるんですよね。これもまあ同じ事なんですね。

ですから、そういう点では普通に考えたら、コロナウイルスが今(0.002%)以上の死亡率になる事はないと一応考えて。

別に全然それ、このヒバリブログの基本理念ですからね。事実は事実としてそのまま認めると。

事実はもちろん、楽観的な事実だけを見るんじゃなくて、本当の事実を見てそれで判断すると、この世の中は楽観的だっていうんですよね、言ってみれば(笑)

だって、考えてみますとね人間っていうのは600万年前に誕生してから、ワクチンも薬もなくて、衛生環境も悪くてウイルスと共存してきたんですよ。ずーっと。

それでも、人間はちゃんと生きてるんですよ。

まさにヒバリ的ですね。

ですから、今みたいに栄養状態が良くて、防御の方法があって、それから段々段々ウイルスが弱くなってくる。だから、強すぎるウイルスっていうのはもうあまり出てこないんですよ。

それの一番典型的にはSARSですね。SARSっていうのはあれ、凄い死亡率が高くて6%だか10%だかその位死ぬんですよ。

幸い日本には感染者が出なかったんですが、あれは1回出てから19年目かな?もう2度と出てこないんですよ。

まあもちろん、突然変異は偶然に起こるから出てくる可能性があるんですけども、強いウイルスは出てこないんですよ。

強毒ウイルスはなかなか出てこないんですよ。

だから、多分人間がウイルスと共存しながら生きてきたというのは何故かというと、ウイルスが出てきても、強毒なやつが消えてしまうんですね。

万歳! 当面、心配なし。心配はしないがマスクはするか。

ですから、最初の波ぐらい乗り切れば良いんですね。その意味で私は、今年の3月4月の波を(日本の場合大したことないけど、イタリアなんかこれを見ますと2万人ぐらい死んでるんで)乗り切った人達、このブログを見てる人は全員がそうだと思うんですけど、それはもうコロナについては心配ないんでしょうね。新型コロナについては。

新型コロナについては、罹っても大したことないし、これ以上強くなる事はまずないわけですからね。

だから、そういう事で一安心と、万歳!当面心配なし。

だけどね、ヒバリじゃなければ僕はマスクをしない方が良いなんて言うんですけど、ヒバリになりますと、周りとは妥協しながら自分だけ楽しく生きていくという事ですから(笑)

心配はしないけど、人がいて目立つ時はマスクをするかなと。

私も最近レジ袋とマスクはですね、ちょっとポケットに忍ばせておいてですね、ちょっと僕は喉が渇くと咳が出るものですから。

そうすると目立つといけないから、シャシャっとこうマスクをしてですね、知らん顔してるわけですよ。

だけど、暑いしね、息もしにくいんで人がいなくなったらマスクを外すと。

つまりね、今は事実よりかテレビウイルスに罹った頭の方がマズイんですよ。攻撃的になるし。

だから、そういう人の為にもね、あまり刺激してもいけないから、マスクをビュッとしてて、目立たなくなったら外しゃあ良いんですからね。

ええ、だからそういう事で、まあ少なくともコロナはちょうど7月が全部終わりましたので、もの凄く感染者数というものが多いんですよね。計算してみたら15,700人なんですよ。

死亡者1/10にはびっくりしましたね。元々4月の死亡者370名でも少なかったのに、それの1/10になってるんですから。

もう全く安心という感じですね。

我々、ヒバリクラブ所属の人はもう日常生活は何のストレスも持たずに生活ができるなと、こんな感じです。

タイトルとURLをコピーしました