話の時間:恵まれている人が苦労している人を脅す

この記事は約8分で読めます。
話の時間:恵まれている人が苦労している人を脅す

日本社会には、「恵まれている人」と「苦しんでいる人」がいる。

コロナウイルスの関係する事なんですけれども、非常に当たり前の事で、私が言うような事じゃないっていう感じもするんですが、日本社会には恵まれている人と、苦しんでいる人がおられるんですよね。

恵まれてもいないし、苦しんでもいないという普通の人っていうのも、もちろん多いんですけど。

家族に恵まれ、友達に恵まれ、お金に恵まれ、健康に恵まれてるという人と、家族も上手くいかなかったり、単身だったり、身体も時々調子が悪かったり、友達とのいざこざを抱えていたり、お金も上手くいかないと、折角上手くいってたのにコロナでダメになっちゃった、というような人もおられるんですよ。

今は、「恵まれてる人」が「苦しんでる人」をイジメる時代

でね、ところが私は事実しか言わないんですけども、今は恵まれてる人が、苦しんでる人を虐める時代なんですよね。

特に、それを僕はNHKの人に言いたいので、NHKにも厳しいんですけどね。

NHKの人はやっぱりエリートなんですよ。給料も1,800万ていうよりか少ない人もいるんだと、こう言われるし。それはその通りなんですが。

しかし、やっぱりNHKの人とか、民放の…僕は民放の人を色々知ってるんですよね、恵まれてるんですよ。それで、仲間も結構多いんですよね。家庭環境はそれぞれで離婚する人もいるんですが。

しかし、全体として見るならば、やっぱりテレビに出る人、テレビの関係者、もしくはテレビのディレクター、そういう人たちはやっぱり非常に活発な職場にいるんですね。

だから、元々は良いんですよ。特に、ディレクターだとかまあまあのプロデューサー、それからアナウンサーの人達なんかというのは、やっぱり恵まれてる人が殆どなんですよ、殆ど。

だから、苦しんでる人達の気持ちっていうのが分からないんですよね。

例えば、コロナの場合ですね。

テレビの人とかそういうのは、朝日新聞もそうで毎日新聞もそうなんですけどね、目の前がとにかく“自分の立場を良くしたい”。“この頃、広告がやっぱりやってくれないから何とか視聴率上げたり、販売部数を上げたい”っていう事ばっか考えてるんですよ。

だから、例えばコロナについては、もうほんとに「今どうなるか?」と、「爆発的感染」とか、言葉を言い始める時は「コロナの感染が拡大する中で」っていう接頭語を付けたりするんですね。

しかし、現実的には病気になった人は1万人とか2万人、重傷者とか死亡者っていうのは大体千人規模。毎年、肺炎で10万人以上が亡くなる。というような事から比べますと、それほど、もの凄く恐怖心を煽らなきゃいけないって事ないんですが、しかし、恐怖心を煽らなきゃいけないと思ってるんですよ。

主に、お医者さんとメディアの人なんですよ。

お医者さんとメディアの人ってやっぱり恵まれてますからね。そういう風に毎日毎日脅されてる人の身になれないんですね。

「良いじゃないか」っていうんですよ。「脅してるっていうか、少し厳しく言った方が良いんだ。そうしなきゃどうせサボるんだ。」っていう、そういう気持ちが強いんですよね。

ところが、テレビとかそういうのを観てる人、苦しんでる人の立場に一回でもなってほしいんですよ。

だって、家族もいなかったり、上手くいかなかったりする。職場でも人間関係で苦しい。お金もやっとやっとだと。しかもちょっと病気がちだ。っていう人が、毎日テレビを付ければ視聴料も払わなきゃなんない。受信料ね、NHKだったら。

じゃあ、NHK付けると「観測史上初めての豪雨で気をつけて下さい!」と叫んでると。

しかし、僕がこのとこで言ってるように、観測史上最大って言ったって、35年前に整備されたアメダスのデータだし、しかも1,300箇所あるアメダスの一つ一つの項目が、今までの観測地を上回ると観測史上最大というと。

1,300箇所ですからね。47都道府県ですから。一つの県に複数個、結構多い数のアメダスがあるんですよ。

ですから、熊本県でもしょっちゅうしょっちゅう観測史上最高が出るんですよね。

このブログでも言いましたけども、「90年ぶりの豪雨が毎年!こんな時代になりました」って言うんですよね。

そんな事言ったら本当に、NHKを信じてる人は余計に「酷い気候になってきたな」と思うでしょうね。

それから今度は地球温暖化ですよ。「今からは間に合わない」なんてやるんですよ。

いや、間に合わないって言われてたってね、日本人の一人一人が温暖化について出来る事なんかないんですから。ないんですよ?ないの。

少しずつ出来るっていうんじゃないんですよ。

この前、僕あるテレビで放送してたら、自治体にレジ袋の有料化を何故するんですか?っつったら「一人一人の心がけで温暖化を防ぐ」って言うんですよ。

そんな事できない。嘘なんですよ。完全にNHKも自治体も嘘ついてるんですよ。

だってですね、温暖化がCO2だったとしますね(僕はちょっとそれ疑問があるんですけど、NHKも自治体も温暖化はCO2って言ってますからね)、CO2だとしますよ、それは半分がアメリカと中国が出してるんですから。日本はたった3.3%なんですよ。

だから、日本人一人一人の心がけじゃないんですよ。嘘なんですよ。

それは虐めなんですよね。みんなに対する国民に対する虐めなんですよ。何とか虐めたいと思ってるんですね、レジ袋の有料化もそうだし。

レジ袋の有料化で地球温暖化なんか変わらないですよ、全然。

だって、レジ袋が全部無くなったところで、日本のCO2排出量3.3%なんですから(笑)それの1/10,000ぐらいが変わるかっていうもんですから、何にも変わらないんですよ。

つまり、地球温暖化なんていうのはですね、日本人一人一人の環境意識なんかと無関係なんですよ。

何でそれでやるのかといったら、利権があるからなんですよ。

しかし、私は国立大学出てるから特にそう思うんですけど、高等学校も都立高校でしたよ、もちろん中学校も区立ですから、区立小学校、区立中学校、都立高等学校、国立大学を出たんですよ。私は。

だからもう、たっぷり税金頂いてるんですよ。教育にね。

だからやっぱり、その恩を返さなきゃいけないんですよ、私はですね。

自分の生活はちゃんとしていけるんですね。私の場合。だから、苦しんでる人を虐めるなんて到底出来ないんですよ、僕は。

だから、正しい事を言うんですよ。僕は正しい事を言えば良いって言ってるんですよね。

NHKにそれが分かってほしい

NHKに「苦しんでる人に配慮してくれ」って言ってるんじゃないんですよね。

今のNHKの放送とか、経産省のレジ袋っていうの、これもう撤回した方が良いですよ。7月に始まったばかりだけど、すぐ撤回した方が良いですよ。

通産省の役人も恵まれてるんですよ。だから、いちいち虐めにかかるんですよね。

例えば、NHKは温暖化についてはこう言えば良いんですよ。

「CO2で温暖化するとなかなか大変だけども、温暖化ガスを出してるのは中国とアメリカでもう半分だから、日本は3.3%だから、温暖化は困るけども、政府は中国とアメリカに大いに言ってほしい。」

と言うんだったら良いんです、それで良いんですからね。

別に、国民に節約を呼びかる必要はないんですよ。もちろん、経産省はそんな事分かってるわけですからね。

それから九州の豪雨も、

「雨の量としては100年間ぐらいあまり変わりませんが、最近ではなかなか治水工事が進んでないので、こういう害になる事があります。」

とかね。それから

「脱ダム宣言というような時代があって、その為に川の治水が遅れてるのがあるので、それが大雨の時に破綻するという事もあります。」

と。またこの間、管官房長官が言っていたみたいに

「ちゃんと治水用のダムが出来ている所でも、国土交通省のダムとか、農林省のダムとか色んなあるので、それぞれ利水、水を利用する権利を持ってるので、なかなか放水が難しく、放水のタイミングとか量を失敗するとこのような災害になります。」

と。例えば鬼怒川なんかですね。

そういう風に放送してくれればね…。コロナもそうなんですよ。

「コロナは、警戒しなきゃならないが、インフルエンザの1/1,000ぐらいの患者数ですし、死者も少ないので、今のところ普通の風邪のような感じです。しかし、新しいウイルスでもあるので、みなさんで気をつけましょう。」

ぐらい言えば、それもう随分、苦しんでる人の心は和みますよ。

だからつまり、僕がNHKに頼んでるのは「嘘を言え」っていうんじゃないんですよ。「真実を言ってくれ」って言ってるんですよ。「真実を報道してくれ」。

決して上から目線じゃない事で言ってくる。「もう豪雨が来ますから逃げて下さい。早めに逃げて下さい。お願いします。」とか「命を守る行動をして下さい、お願いします。」なんて言う必要はないんですよ、全然。

それは誰だって命を守る行動をしたいんですから。

しかし、そういう暗い事を次々次々と言ったらですね…、それはかつて情報が少ない時にはまだそういう事を言う必要があった時代もあります。それはNHKが出来た頃ですよ。電波も少ない、通信手段も少ないという時はそうですね。

だけど、今は十分な情報があるわけですから、だからむしろ、正しい情報をきちっと中立的に伝えるって事があるわけでそれが求められてるわけですよ。

その中立的な情報であれば、これほどみなさんは怯えてないはずなんですよ、現在。

だから私は本当にこの罪作りというか、人間っていうのは恐ろしいものですね。自分が恵まれてると、恵まれてない人を脅して心理的な圧迫をかけようって事になる。

これが人間の悲しい所ですね。だけど、是非やめてほしいと思いますね。

僕が言ってるのは、コロナに対して油断しろとかそういう事じゃないんですよ。本当の事をちゃんとそのまま伝えてくれと。

現在でも、PCR検査が多いから、感染者じゃないけど、新型コロナが体に付着してる人が多くなったっていう事で、反対の事をいくらでも放送したら良いんですよ。

感染者が366人になったなんて嘘を付かないで「PCR検査の量を5倍にしたので、感染者じゃないけどもウイルスが付着してる人が多く発見されました。」って、本当の事を言えば良いんですから。

本当の事を言えば、どんなに助かる人がいるかという事を、NHKは考えてほしいですね、僕は。

気が付いてほしいと。自分達は恵まれてるんだと。特にNHKの中の人で、公立高校とか国立大学を出た人は声を上げてほしいですよ。

ええ、そう思いますね。

タイトルとURLをコピーしました