NHKの段階的民営化論

この記事は約8分で読めます。
NHKの段階的民営論

いい番組は作れないと本人が言っているから、設備はタダで上げる。

この前のブログでですね、NHKがどうしても観たくないという人がおられて、女性の人ですね、NHKが映らないテレビを特注で作って。

本当はNHKを映らないテレビってのは、結構作って売れば売れると思うんですけど、作らせないように誰かが裏でやってるんでしょうね。

その裏でやってるのは出てきませんからね。
まあNHKってのは常にそういう事をやるんですよ。裏で悪い事をするんですね。

裏で悪い事をしてる人が良い番組作れるはずないんですけど、まあそういう事するわけですね。

で、その人が地方裁判所に訴えて、地方裁判所の裁判官が偉い事に、「それはNHKが受信できないテレビを作りゃ、それはNHKの受信料は払わなくていいですよ。」って言ったらですね、NHKが反論して「いや、そのテレビを改造したら観る事ができる」って、いやぁ、そりゃそうでしょうね。

どんなものでも改造すれば何とかなりますから。

まあ、そこまでは僕も腹立ってなかったんですけど、それをNHKが高裁に上げましたからね。

それでもう私カチンときてですね、最近、NHKの批判はずっと止めてたんですけど、これはダメだと。人の嫌がるものを無理に観させるってのは拷問だと。だからもう、何か放送法とかそんな事全然関係ないと。

もう拷問するっていうのは、大体、見たくないものを、毛虫を見たくない人に見せたりね、食べたくない物を食べさせたりするってのは、拷問ですから。

もうこれは憲法で基本的人権が決まってるというよりか以前の、またはもう裁判所が判定できるかどうか分からないですよ。そういう事やっちゃいけないっていう、人間としてやっちゃいけないっていう、そういう類いですからね。

そこでブログを書きまして、皆さんの賛同を得ました。

私はですね、NHKってのは比較的簡単に民営化できると思うんですよ。

ここにNHK:段階的民営化論って書きましたけど、中身簡単なんでこれもまたご納得して頂けると思うんですけども。

とにかく、NHKは今のところ、自分たちは日本国民が魅力的だと思って、お金を自主的に払うような、そういう良い番組を作れない。と、本人たち、NHKたちが言ってるんですよね。

これおかしいんですよ。どんなものでも、人に物を売るという時はですね、今NHKは番組を売っているわけですが、売るという時はですね、やっぱり額に汗して、相手がお金払っても良いと、できれば「ほんとにこれ1000円で良いんですか?凄く立派なものですね。」って言ってくれるようなものを作るっていうのが人間のプライドっちゅうものですからね。

だけど今のNHKってのは、そういう風にするともう、すぐみんなが払わないから、絶対に強制的じゃなくちゃいけないっていうんで裁判に訴えるという、そういう方式を採ってるから、自分たちはもう自信がないんですよ。

民放と競争する自信はNHKはないんですね、全く。

民放は独自でやってるんですからね、そういう例がもう横にあるんですから。

それから、WOWOWとか色んなもので直接的に視聴者から、テレビ観てる人から取るっていう方法も、10年も20年も前からあるわけですから。

それはNHKだって、強制的に、変な料金徴収の人を雇って、裏口みたいにやって脅したり賺したりして国民から金取るよりも、自分たちで段階的民営化論を出してですね、それで政府にそれを言えばですね、政府も「あなたの所同じ民営化で出来るんだったら結構ですよ」って言うに決まってますよね。

もし、そんな事国会が拒否したら、もう国民が許さないですからね。

で、ただですね、本人たちは自分の実力がない事をもう分かってるんですよ、実は。

「自分たちは天下りで上から金が降ってくるだけでは出来るけど、自分たちで稼ぐ力なんかないよ。」って言ってるわけだから、まず段階的にいかなきゃいけないと思うんですよね。

まず、今NHKが持ってる設備。

それはね民営化の時に、別にお金要りません。と、それが資本になるんですからね。

NHKにタダであげますと。まず、そう言うわけですよ。

そしたら、NHKは設備と人が、現在の人を自動的に新しい民営NHKというものはですね、全部受け取りますから。

それは、タダで事業を始めるほど楽な事はないですからね。

パン屋さんを始めようとしても、何屋さんを始めようとしてもですね、もちろん放送局なんか何が大変かといったら、最初に放送設備を整えるのが大変ですから、人を雇って。

それ全部どうぞっていうんですから、それはもう物凄い。

それでもできないって言ったら大したもんですね。

設備費に対する税金も当面、免除。

それでも多分、できないって言いますよ。自信がないから。

だから、設備費に対する税金も当面免除と。

株式会社にしなきゃいけないですからね、その上で、新しい民営の会社を作りますから。

設備がタダで、設備に対する税金も当面免除ならですよ、「これでスタートしますから。9月から株式を公募します。」っつったら、それはみんな資本家はNHK株っていうのを買うでしょうね。

これで買わなかったら、NHK自身も自信がないし、それから投資家もですね、いや設備がタダで設備費に対する税金免除ですからね。それは有望な会社ですよ。

で、株価ももの凄く高くなるでしょうし、その株でもう1回資金が入りますから、で、設備もタダで貰って税金も当面タダですからね。

まあ10年ぐらいの余裕を持って、まあ10年後にNHK完全民営化、っていう事で、設備はもうその頃老朽化してますから、これは税務署と決めておいて、償却全部してしまってですね、それからはもう一人前に株式で運営していくという事ですね。

これはいくら何でもできるでしょうね。

それでも民放と戦えなければ、プライドが許さないだろう。

そうすると、我々国民側は何が良いかといったら、もう来年度からNHKのお金を払わなくて良い。2万5千かなんかぐらい払わなくて良いですから。しかもNHK観なきゃ観ないで良いしですね、それはそれで良いと思うんですよ。

まあ当たり前ですよね。

だってNHKを作った時は、それはまあ意味があったと思いますよ。

日本国民にまだほとんど放送もない、ラジオ放送だけの時で、かつ、ほとんどラジオ放送もない。日本も貧乏だったから民間でそういうものをやるっていう力もない。じゃあ、政府が間に入って半官半民みたいな放送局を作り、しかし放送局が国営ではやっぱりちょっと問題なんで、税金とかそういうものじゃなくて独立した事業体としてやると。それで報道の公正性も保つと。これは非常にまともな考えですよ。

だから、NHKが出来たのは今から、調べれば分かるんですけど、100年前なら100年前、そういうシステムで日本国中にNHKが放送を提供した情報を提供したっていうのは、別に悪くないと思うんですよ。

それを私言ってるんじゃないんですよ。

まあ、戦後すぐ混乱してる時にNHKが色々情報を流したり、テレビがその後出来たり、そういう事は別段悪くはないですね。

ただですね、もう恐らく1990年ぐらい、バブルが崩壊したぐらいからは、もうNHKは要らなかったんですよ。

だから、それまで70年ぐらい経ってるんで、既得権益とか何とか、それから天下り先が酷いんです。これを民営化の時どう処理するかですね。

NHKのまず関係している直営の附属機関とかですね、それからそういう会社がどのくらいあるか。そこにNHKの人がどのくらい天下っているのかっていうのを、一回、NHK自身が公表した方が良いですね。

なんたって、情報を旨とする会社ですから。

NHKの段階的民営論というのを、まずNHKの番組でガンガンやってですね、それで国民にその信を問うと。

何しろ、立花さんたちのNHKを無くする党みたいな、名前ちょっと正確には忘れているんですが、名前が変わったりしてるんで難しいんですが。まあ、NHKをなくした方が良いっていう意見は非常に広くあるわけですから。

今NHKはそれをずっと黙りこくってますけど、黙りこくる必要はないんですよ。
NHKの主張する事を言えば良いんですよ。

段階的民営化論とかですね、色々やってですね、御用学者じゃなくて、ちゃんと国民の立場に立ってNHKが番組をやりですね、そこである程度練られて、段階的にこうやって民営化したら来年の4月からNHKの視聴料は取りませんと、皆さんどうですか?と。

その代わりNHKとしてはもう設備はタダだ、設備費に対する税金は免除、株を公開して膨大な資金が得られる、という事になりますからね。

それは民営化論に賛成でしょ。

それが賛成じゃなかったら、放送人としてのプライドが許さないでしょうね。

民放と同じ土俵で戦って、良い作品を出して民放よりか繁栄するっていうのが、NHKで働く人のプライドでしょうから。

おまけに設備がタダで設備に対する税金が免除で、新しく株の公募ができると。

しかも、あの経営が悪いと言われたJRとか、郵政とか、みんなが民営化してるんですから。

だからそれは時代の流れからいって、今みたいにいくらでもネットなんかもあるし、何でもあるのに、その時代にやっぱりやるのは俺たちもちょっとね。もう全部が飛行機で戦ってるのに、俺達歩兵だけでやるの?とかですね。(笑)

まあそういう話ですからね。みんな近代的な船でやってるのに、NHKだけは帆船で帆を張ってやってるの?と。(笑)
それはちょっと馬鹿げてますからね。

だからやっぱりNHKも、自分たちがいかに時代遅れであるかという事を、まず自分たちの放送で示したら良いと思うんですよ。

放送で示して、それでそれから、NHKの中の人の考えもまとめて。

それでNHKの中の人もやっぱりね、失業するのは可哀想ですよ。
いくら能力ないかプライドないか知らないけど、やっぱり人間ですからね。

この方式ならね、NHKの人解雇されないから安心して下さいね。

設備がタダで、設備に対する税金もなくて、株式公開して金が入ってくるんだから、もしかして、上手くやればね、NHKの人たちが民放よりか少しでも能力があれば、もう給料は倍になりますよ。間違いなく民営化によって。

だから全然心配ありません。
それから、会社は継続しますからね。だから、クビになる事はありません。

あとは、NHKのみなさんの能力と努力で給料が決まると、こうなるってだけですからね。

是非、段階的民営化論、これでいったら如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました