環境運動と言えば何をやってもよいという時代は終わり。

この記事は約7分で読めます。
環境と言えばなにをしても良いという時代は過ぎた

左翼リベラルと環境運動は似ている。

環境と言えばどんなに不道理な事でも、どんなに人に迷惑をかかっても、もう何でも通るという時代は、この2020年、来年をもって終わりになると思うんですね。

今まで環境問題で山程税金を使い、その甘い汁を吸ってきたわけですよ。

例えば、温暖化でしたらきちっとした政治家は、温暖化対策なんていうのに税金なんて使いません。

典型的に言えば、一番きちっとしてたのはプーチン大統領ですね。「ロシアは寒いんだ」とこう言ってるわけですね。「少し温暖化してもらった方が良い」とこう最初から言ってるわけですよ。

だって、元々現在の地球が第三氷河期にあって、これ以上寒くなったらロシアなんて危ないんですよね。ですから、まあ通ってるわけです。

それから、アメリカ大統領。これはまあ、なかなかのもので、今までは環境・温暖化をやってるようで全くやらない。

中国も全くやらない。

まあ、そういう点ではプーチン大統領、トランプ大統領、習近平主席は、日本では批判する人も多いんですが、批判するどころか温暖化対策なんか何にもやらないわけですよ。

日本はもう100兆円は使ったっていうのは渡辺先生なんかも計算しておられますが、酷いわけですよね。

環境と言えばどんな理不尽も許されるのか?

そればかりじゃありませんよ。例えば、私も今度お話を名古屋市とする事になってるんですが、分別リサイクルですね。

家庭のゴミを分別リサイクルする。こんなくだらない事をですね…これはもう利権そのものなんですよ。

一番酷いのはペットボトルのふたのリサイクルですけどね。

何しろ、経費を600円かけて40円ぐらいを儲けると、儲けるというか取れると。あとの560円は税金で充てると。

こういうような事を山ほどやってきたわけですよ。

例えば、ゴミ袋なんかも“指定ゴミ袋”なんかもそうですよね。

まあ、誰が作ってるかっていうの、どうして役所がそれを応援したかというのを見れば、すぐ分かるわけです。

最近では、それがまた極端になりまして、この前の国連の若い女の子が、何も分からないのに涙を流して言う。そうすると、NHKとか朝日新聞とかこういうその…典型的ですよね。

「女の子の涙が分かんないのか」いや、そういう問題じゃないでしょうと(笑)

女の子一人が涙流せば良いのか?それは、子供を使った悪辣な政治のプロパガンダっていうのは、ロシアでもあったし、何百万人と殺しましたよね。

有名なのはポルポトの少年兵ですけど、国民の60%ぐらいを殺すという、そういう事もいっぱいあったわけですよね。

まあ、名古屋の街中でもそうですよ。何か天ぷら油から作った油を使ってますなんていうバスが、正々堂々と街の中を走ってるわけですよ。

だって、天ぷら油から採ったバスの燃料を使うんだったらば、その燃料を使うのに何分の一かの石油で済むのに、何倍もの石油を使って天ぷら油の使い終わりからバスの燃料油を採ってですね。

そして、それはもちろん利権なんですよ。暴利をむさぼってるわけですから。まあ、言ってみれば反社会勢力ですね。

左翼のリベラルとか環境運動家とかいうのは、僕は名古屋にも反社会勢力っていうか、指定暴力団がいるんですけど、その方がまだちゃんとしてますよ。時々問題を起こすからそれは悪いんですけどね。

名古屋市全体に悪い影響を与えるっていう事はないですよ。自分達だけで色々抗争もしてるし、物騒ではありますけどね、もちろん。反社会勢力と呼ばれるくらいですから。

だけど、左翼リベラルとか、環境運動家とか、NHKとか朝日新聞よりかはマシですよ。そりゃ、比較すれば。

未来は暗いから子供を生むな???

だって、この頃アメリカのリベラルで環境運動家の筆頭としてやっている、若い女性ですけど、オカシオ=コルテスさんっていうのがいるんですけどね、その環境を守るための政策というのは何だと思います?

「未来が暗いから子供を生むな」っていうんですよ、まず(笑)

何の為に人類っていうのは生きてるんですかね。

昆虫を食べる? ヒコーキをやめる?

それで、「昆虫を食べろ」って言うんですよ。「牛肉を食べちゃいけない」って言うんですよ。「牛はげっぷをするから」って。

いや、あなた何言ってるんですか!?計算も何もできないんですか!?

牛の体っていうのは、草を食べる事によってできるわけですね。普通は草なんですが、トウモロコシを使う場合もあるんですが、トウモロコシでも草でもそれは一緒で、栽培するか自然に生えてるかっていう差なんですけども、げっぷっていうのはそれの何百分の一ぐらいなんですよ。

つまり、げっぷがCO2であるっていう事は何故かというと、牛が草を食べて、草から自分の肉ができて、その肉とか栄養が酸素と結合してCO2になり、それがげっぷとなるわけですから、牛が食べた栄養の何百分の一なわけですよ。

それが何か牛の肉と関係があるってわけですね。

飛行機をやめるっていうのも変ですね、何か国連で演説したグレタさんが飛行機に乗らない。

例えば私達、東京から大阪へ行くとしたら新幹線か鉄道か飛行機なんですね。

どっちがエネルギーを使ってるか、いやエネルギーを使っても良いんですよ?CO2出しても良いんですが、エネルギーが少ない方が良いとしますとね、それは飛行機の方がエネルギーが少ないんですよ。

そんなのおかしいだろって言うけど、計算したらすぐ分かるんですよ、ちゃんと計算したらですよ。

というのは、新幹線は重力を枕木と石と鉄橋とかトンネルとかで支えて地上を走るんですよ。あの重たいやつを支えて高速で支えるからかなりお金がかかるんですね。

だから、JRは建設費は国が2/3、地方自治体が1/3っていうのが一応の基準なんですよ。

色々時代によって、東海道新幹線の時とか整備新幹線の時とか色々違うんですが、基本的にはそうなんですね。

JRも少し負担しますが、それはJRが過度に儲けないような範囲で払うんですよ。

ですから、鉄道を敷く時に主要なエネルギーは地盤なんですよ。トンネル、橋、砂利、駅、そういう所なんです。

それはですね、国が払わざるを得ないぐらい、大変なエネルギーをかけるんですよ。

その上を走るだけだったらば、まあ東京-大阪1万3千円だっていうわけです。

大体、CO2の発生とかエネルギーの発生っていうのは、ほぼ値段に比例しますからね。値段が正当であれば値段に比例します。

飛行機は重力に逆らって空を飛ぶので、重力に逆らう時だけ軽油、まあ油がいるわけですね。

だけども、着陸地点は羽田と伊丹空港しか要りませんから、もうとにかく東京と大阪全線を鉄道を敷くよりかは、それはエネルギーが全然違うんです。

で、片っぽは建設時とか補修時にかかる。片っぽは日頃かかる。

大体、今東京-大阪で色んな運賃がありますが、大体1万6千円から2万円ぐらいですね。

ですから、もう到底鉄道の方がかかるわけですよ。

名古屋も昔、変な車内広告があったんですよ。
「自動車を走るよりか地下鉄に乗った方がCO2が出ない」なんていうのが堂々と吊られてたんですよ。

アホじゃないかと僕思いますよね、僕ら大人でしょ?

だから馬鹿息子が「車を親父が買ってくれたから安く済むんだ」なんつってるのと同じなんですよ。

「電車に乗るよりか車が安い」っていうから「何で?」って言ったら「車は親父が買ってくれるからだ」

いやそれはね、社会全体の事を考えずに自分だけの事を考えればそうですよ?地下鉄なんていうのは、地下を掘るのが大変なんですよ。

その地下を掘るエネルギーなんて、いくら地下鉄走らせてたって回収できなんです。

しかし、この手の子供っぽいやつをやる。

そして、いくらおかしくたって「環境のためだ!」って言えば許される。

最近自治体で、まあ昔から節電なんてやってるんですよ。

何で自治体と節電が関係あるんですかね?僕なんか外国人に「何で日本では節電なんてしてるんですか?」と聞かれて困るんですよね。

だって、人間が生活していく上で電気いるんですから。

だから、何というかもう、思考がこのくらい停滞するっていうは、もう酷い時代になったと私は思いますね。

だけど、これも2020年で終わりますから。

ようやく、一応理屈ではまともな時代に生きる事ができると思われます。

タイトルとURLをコピーしました