科学・教育・研究

科学1:なぜ日本は間違ったのか?

今日はちょっと少し考えてみますと、科学の事を易しくというか、別に科学というのはそんなに難しいものじゃないんですが、説明する側がうっかり難しく説明してしまうっていう事があるんですけど、それと社会との関係を少し掘り下げてみ...
男と女・ お金・食・健康・生活

コロナに備える(6)東京都医師会の見解

今日は『コロナに備える』という題なんですが、シリーズになっているのでそういう題なのですが、ちょっと目的とかそういうものが違うもので、東京都医師会の見解を示してみたいと思います。 これは朝日新聞の8月30日でしたか...
寸評・随筆・コーヒータイム

新首相に期待2:内閣に政策無く、議員に人材なし

新しい首相の選任と当然新しい内閣ができるわけですが、それが進んでおりますけども、何か悲しいですね。 何が悲しいかというと、やっぱり内閣というのは政策を実施する所ですからね。 まあ首相は非常に大切ですよ、首相...
歴史・倫理・日本

科学から見た日本(6)日本人が日本をバカにする

1)日本人が日本よりヨーロッパや中国が優れていると思っている。社会体制、お金、家庭、男女、人生哲学など 日本というのは素晴らしかったわけですね。 その素晴らしい原因というのが、自然をよく観察した、自然をよく...
歴史・倫理・日本

科学から見た日本(5)日本だけが正しかった

自分ではそんなにカッカしちゃいけないといつも自戒しとるんですが、やっぱり色々自分が勉強して「本当にこうだったんだ」と思った事が、何かテレビなんかで覆されますともの凄く自分の気持ちが制御できなくなる事があるんですね。 ...
人生の鱗

武田邦彦の三段跳び

僕の若い時代というのは記憶力なんか良かったし、前向きではあったんですけど身体が弱かったものですから、それほど色んな難しい問題があって人柄的に良かったって事はありませんね(笑) ちょっとみんなも「嫌だな」っていう子...
寸評・随筆・コーヒータイム

新首相に期待1:商法の改正

せっかくヒバリクラブをスタートした所で、まだまだもの凄くヒバリクラブで発信したい事があるんですけど、せっかく首相が決まる時ですからね、首相が決まるってのは平均して2~3年に一遍しかないんで、この際やっぱり国民の声を出来...
寸評・随筆・コーヒータイム

首相に人格か政策を求める

首相というのはやがて変わるものですから、今度の安倍首相の退陣もある意味では当然の事でもあるわけですね。 特に安倍さんは伊藤博文以来の日本の首相のうち、最も長い在任期間ですからそれだけでも仕方ないかなと思いますね。...
男と女・ お金・食・健康・生活

コロナに備える(2)食事を考える

今日は『コロナに備える』の第二回というか第一回みたいなものなんですが、内容から始まるわけですね。 普通でしたらちょっと違うやり方をします。 旧来の日本の教育というか、情報伝達というのは基本をしっかりやる、例...
男と女・ お金・食・健康・生活

コロナに備える(1)備えあれば患いなし

ちょうどタイミングが良いので、コロナに備えるというヒバリクラブをやりたいと思います。 簡単に言えば、新型コロナの流行は多分また冬になったりすると普通に考えると流行は必ず来ますね。 新型コロナやその他のウイル...
タイトルとURLをコピーしました